合宿免許の注意点

 

合宿免許においても、生活の面などでの決まりやルールはいくつか挙げられ、ルールを守らずに問題になっているケースも、時々見かけるものです。

 

特に、高校卒業したばかりの人や、大学生などでは、

若くエネルギーが有り余っているために夜中に騒いでしてしまったり、仲の良い友達と合宿に来ている場合などに、朝まで酒を飲むなどして騒いでしまった。
このように合宿生活をしている他の人へ迷惑をかけるような事態が続いた結果、合宿免許センターから出て行くように諭されてしまった。

というケースもあるようです。

このようなケースは、インターネットの掲示板などでもしばしば見かけます。

 

合宿免許センターとにしては、すでにお金は取ってしまっているわけですから、あまりにも常識から外れたことをしない限りは退去させられるということはないかもしれません。

ですが物事には限度というものが存在します。

周りに迷惑をかけるということを繰り返していれば、上のような事態になってしまうことも、容易に想像できるのではないでしょうか。

 

 

トラブルを起こした人たちにも面と向かって言いたいくらいですが、運転免許を取得するために合宿免許センターへ行っているという自覚を常に持っておくことが、何よりも重要であるといえるでしょう。

「免許を取得するということを最優先し、あくまで遊ぶのは時間が空いたら」
「合宿に来ているのは自分や友人だけじゃない、周りに迷惑をかけてはいけない」
という意識を、常に持っておくことを、忘れないようにしておくことが、重要だと言えます。

これは何も友達と行ったから注意が必要だというわけではなく、一人で合宿免許に参加したとしても色々と注意をする必要があるでしょう。