合宿先の立地2

 

自分が住んでいるところの近くの運転免許センターであれば、簡単に、地元の道を理解した上で、走ることができるため、精神的な安定を十分に得ることができるということは、あまり知られていませんが、自分自身が慣れている道を走ることができるのは、何よりも、大きな特徴であると、言えるはずですし、運転をするときに生じる、様々な不安を、解消することにも、少し貢献するかもしれません。

ですが自宅から遠く離れたところの教習所で合宿による免許取得をはかった場合、このメリットが得られなくなります。ただし気分が変わって集中できる・ついでに観光も楽しめるなどの別のメリットがあるのです。

どちらのスタイルにも、メリットやデメリットが存在するのです。

 

地域差について詳しく考えていきましょう。

地方都市などでは、都会にない工夫がされた道路などが多く、初心者にはやや難しいものもあるのです。
例えば、豪雪地帯であれば、降る雪に対応するために、道路が広かったり、傾斜がついていたり、加工がされていたりする他、農業用の車両などが、非常に多く、通るところなのであれば、道の幅が広く、設定されていたりするなど、首都圏などでは、あまり、見ない光景が、広がっていることが、よくあるのです。

このような部分は、免許取得する人が都会で運転するために免許を取るのならば、あまり必要がない部分でもあります。
自分が住む地方と別の特色を持つ地方で免許取得して、実際に都心にある地元などに戻った場合に、大きく困惑してしまうというケースもよく聞きますから注意が必要です。

このような場合では、免許を取得してももう一度道に慣れなおす必要があります。

これを貴重な経験ととらえるか、無駄ととらえるかは人それぞれといったところでしょう。