合宿免許でのトラブルの例

 

例えば、部屋に戻ってきてから、音楽を大きな音でかけて、音漏れがうるさいことでトラブルになってしまうとか、お風呂があれば、共同のお風呂などは、なるべく汚さないように、綺麗に使うとか、何週間もいるわけですから、体の匂いをケアするように、心がけるとか、相部屋の場合には、荷物をとにかく綺麗にまとめておくことを心がける、とか、様々な点で、気を使い、注意をしておく必要があると言えるでしょう。

合宿免許センターは、あなたが、家から通うのとは異なり、厳密な集団生活を求められているわけですから、注意する点も、様々あるということは、容易に想像できると思います。

あまり、そのような点について、気を使いたくないという人も、当然いるでしょうし、そういう人にとっては、通学して、取得するタイプの免許センターに通うことを、お勧めしたいと思います。

人には、向き不向きがありますから、部屋をきれいにしたり、なるべく生活を縛られたくないという人は、是非通学型の免許センターに通ってみるのがいいかもしれませんね。

実際のケースとしては、インターネットの掲示板で見たケースですが 、息抜きをするために、地方の合宿免許センターに行ったものの、非常にガラが悪い、強そうな人や、不良っぽい人が多く、その人に絡まれてしまった、などというケースも見受けられ、自分自身に非がなくても、このようなトラブルに巻き込まれてしまえば、合宿免許どころではなくなってしまうわけです。

このような、事態を避けるためにも、インターネットや、掲示板などで、情報収集をしっかりとした上で、どの合宿免許センターに行くのか、評判はどうなのか、ということを、確認しておくと良いかもしれませんね。