合宿免許の心構え

 

合宿免許においては、とにかく、普段の生活以上に、真面目に過ごし、気を抜く時には、しっかりと気を抜くという風に、気持ちの切り替えや、スイッチを普段以上に重要にしておくことが、肝心だと言えるのではないでしょうか。

いずれにしても、様々なケースを想定すると、見知らぬ土地に行って、合宿免許を行うということは、不安だという風にも思われがちですが、簡単に言ってしまえば、今後の人生にもこのような経験が役立たないわけではないでしょうから、勇気を出して、利用してみるということも、いいかもしれません。

 

インターネットなどで、よく言われる噂などとしては、「合宿免許は通学型の免許よりも、問題や検定などが、簡単に作られている気がする」といった声や「合宿免許と、通学して取る免許センターの間では、実習に使う道路の幅が、やや広いのではないか」といった不満とも、受け取れるような声が、聞かれることがありますが、そもそも、法律的に見れば、免許に関する、規定はどう考えても一緒でなくてはありえないですから、そのような事実は、一切ないと言い切っていいでしょう。

合宿免許だからといって、基準が下がるということはあり得ず、厳しいスケジュールの中で、撮るという一点は、本当だと言えるでしょう。

 

確かに、数週間で卒業できる合宿免許では、簡単に免許を取ることができる、という風に、外から思われることは多いですが、通学して、免許を取得する場合と、全く同じで、運転技術と、確かな知識を、十分に身につける必要があるということは、言うまでもありません。

ただし合宿免許センターにおける卒業率は、非常に高いということを考慮すれば、多くの人が、真面目に取り組んでいる、という事実もありそうです。