時間の有効利用

 

数週間の合宿免許の中では、コマが開くこともあり、そのような時には空き時間を利用して、地方都市であれば観光することも可能かもしれません。

地方都市にせっかく足を運んだのだから、様々な場所を観光したいと思うのは、当然かもしれませんし、免許技術の取得に障害が及ばない範囲内で、どんどん観光してリラックスをしてみるのもいいかもしれません。

合宿免許センターによっては、このような観光に対して、サービス券などを配布している場合もありますから、事前に確認してみるといいかもしれません。

 

合宿免許センターは、なるべく多くの人を呼び込むため、「無料の送迎バスを観光地との間で運行しています」「温泉を入りに行くのが毎日無料です」などと、広告を出して、無料券を配布していたりするわけですが、これらを有効に活用すれば、通常の旅行と同じような気分を、 味わえたり、同じようなサービスを受けたりすることもできるかもしれませんが、あくまでも、あなたが合宿免許センターに来た目的というのは、免許を取得するという、この一点にあるわけですから、勘違いしないでおくことが必要です。

 

ただ、5時頃に全てのカリキュラムが終わったとしても、宿舎に帰った後にぐったりと疲れてしまって動く気が起きなかったという人や、部屋に帰ったら疲れて寝てしまったためほとんどレクリエーションなどをすることはできなかったという人も珍しくないようですから、人によっては余裕がないのは仕方のないことなのかもしれませんね。