運転の楽しい自動車

免許を取得して自動車を選ぶときにあなたはどのような自動車を選ぶでしょうか。価格を意識した軽自動車でしょうか、スポーティーなスポーツカーでしょうか。自宅にある車を運転するから自分では選べないという人も多いでしょう。

やはり自分で運転するからには運転していて楽しい車に乗りたいものです。運転していて楽しい車とはどのような車でしょうか。私は、車の動きを体で感じられるような、ボディ、シート、ステアリングが一体となって設計されている車だと思います。これだけでなく、ステアリングやペダルの反応も、ダイレクトで素直な車が理想でしょう。

この意味では、サスペンションが柔らかすぎたり、ステアリングに遊びが大きすぎたり、電子制御ペダルが使われている車はこの条件に当てはまらないと思います。これだけでなく車重が軽いことも重要だと思います。自動車はふつう、車重が軽ければ軽いほど、ステアリングやペダル類が操作した通りに車が動きます。自分の思い通りに敏感に動作してくれる自動車はまるで自分の手足のようにヒラリヒラリとした軽快な動きをしてくれることでしょう。このような体験は動かす喜びを感じさせてくれるでしょう。

他にも、自動車の運転の楽しみが自動車を攻略する余地という捉え方をするならば、運転する場面に応じて自在にモードを変更できる自動車も魅力的でしょう。四駆と二駆を使い分けられる多目的スポーツ車(SUV)はその良い例だと思います。他にもマニュアルトランスミションは操作が難しく敬遠される仕組みではありますが、操作が難しいということは攻略し甲斐があるものだとも言えるのです。運転に失敗してしまったときと、うまく成功したときの差を如実に感じることができる自動車は、運転していて楽しい自動車と言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です