自動車免許の種類

教習所や合宿免許で取得できる自動車免許には様々な種類があり、それぞれ運転できる車種が定められています。例えば普通自動車免許を取得したからといって、大型車や二輪を運転できるわけではありません。大型免許、普通二輪免許を別途取得する必要があるのです。運転免許は大別して3種類あります。一つは第一種、二つ目は第二種、三つ目は仮免許です。第一種免許を取得すると、普通の自動車や原動機付自転車を運転することが出来ます。自家用車を運転するのであれば、第一種免許で十分対応できます。他方、第二種免許を取得すると、タクシーやバスの運転手を務めることが出来ます。つまり旅客運転に携わることが出来るのです。

免許の種類をさらに細かく分類することにしましょう。第一種免許には、普通免許や中型免許、大型免許、普通二輪免許、大型二輪免許等があります。その他小型特殊免許、大型特殊免許、牽引免許等もありますが、仕事で入用になる場合を除き、必要になるケースはほとんどないでしょう。多くの人が取得を目指すのが普通免許であり、この免許さえ取得すれば普通自動車や軽自動車、原動機付自転車を運転することが出来ます。中型免許は普通の車よりも大きな車を運転出来るもので、定員が11人以上29人以下の自動車を指します。大型免許は定員30人以上の自動車を運転できるもので、バス等の運転が想定されています。普通二輪免許を取得すれば、オートバイを運転することが出来ます。400㏄を超えるオートバイを運転したければ、大型二輪免許を取得しなければなりません。

小型特殊自動車とは、フォークリフト、トラクター、道路工事用車両等を指します。あまり知られていませんが、普通免許でも運転することが出来ます。他方、大型特殊免許が必要になる車には、クレーン車やショベルカー等があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です