受講生同士が仲良くなる方法

合宿免許中は受講生と関わらざるを得ません。ですからコミュニケーションを積極的に図るようにしましょう。初めは緊張して上手く話せないこともあるでしょうが、慣れてくると臆せず話せるようになるはずです。コツとしては、挨拶から始めることです。不自然なやり取りを恐れるあまり、何も話さないのは禁物です。挨拶すれば、相手も悪い気はしないものです。顔を合わせる回数が増えてくれば、お互いに無言のままで居続けられなくなります。ナンパのような振る舞いは慎むべきですが、共通の話題を探りつつ、接触するようにしましょう。

話しかけるタイミングについては、遅すぎないようにしましょう。合宿が始まってから何日も経つと、一層話しかけ辛くなります。話しかける契機になり易いのが、イベントです。合宿プランの中にはイベントが企画されているものも多く、温泉や観光が定番となっています。イベントは楽しむためのものですから、気分の高揚に乗じて、会話を始める人も少なくありません。時間と空間を共有することによって、仲間意識も芽生えるようになります。学校としても自己紹介の場を設けたりするなど、いろいろな工夫を施してくれますから、そうした機会を利用して積極的に関わろうとすることが大切です。

宿泊施設は個室のものもありますが、相部屋になっている場合は、自然と会話することになります。教習に関する話題には事欠かないでしょうし、寝食を共にする中で助け合いも生まれてくるでしょう。その度にきずなが深まり、友人として卒業の日を迎えられれば成功といえるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です