失効に気を付けよう

教習所や合宿免許などで免許証を取得した後は、紛失しないように注意して下さい。免許証は身分証明書にもなり得るものですから、悪用されないとも限りません。紛失に気付いた時は、すぐに警察署に赴き、遺失届を出すようにしましょう。また金融機関や信用情報機関に連絡し、指示を仰ぐようにしましょう。素早く対処することで、万一悪用された場合でも、それらの契約を無効にすることが出来ます。請求書が届いてからでは支払いを拒むのは困難ですから、一刻も早く遺失届を提出することが肝心です。過去にあった例としては、キャッシングやクレジットカードの偽造、携帯電話の契約、口座開設等が挙げられます。また、免許証から住所を特定した者が、ストーキングを働いたこともあります。

実は免許証の紛失によって生じる最悪のパターンは、マネーロンダリングのために悪用されることです。マネーロンダリングの取り締まりは年々厳しくなっており、金融機関も厳格に対処しています。その結果、警察等からマネーロンダリングが疑われる口座のリストが金融機関に送られると、それらの口座名義人は、二度と口座を開設できなくなります。

ところで、免許証の再発行自体はそれほど難しくありません。再発行日以降に、旧免許証を使ってなされた契約は無効になるため、再発行を依頼するのも急いだ方が無難です。試験場に依頼すれば当日中に発行してもらえますが、警察署にお願いすると数週間かかる点も留意しておきましょう。いずれの場合も手数料は数千円程度ですから、面倒だと思わずに再発行して下さい。

免許証には有効期限がありますから、更新手続きを忘れて失効してしまうこともあります。その場合は、有効期限から180日以内であれば、特段のペナルティもなく更新することが出来ます。しかし半年以上経過してしまうと、本免許検定を再受験しなければなりません。因みに1年以上経ってしまうと、仮免許も取得し直さなければならなくなります。但し、病気等の理由が存在すれば、3年間を限度として受験が免除されることもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です