衝撃力と交通事故

交通事故の被害については、衝突時の衝撃力が左右することは言うまでもありません。衝撃力は速度の2乗に比例して大きくなること、自動車の総重量に関係することが知られています。ですから一番大きな衝撃力を生んでしまうのは、重い荷物を運ぶ大型車ということになります。該当する車の運転手は、速度を出し過ぎないように注意して運転しなければなりません。

自動車には定員、積載制限があり、その定めを破って乗車したり、荷物を積んだりすると処罰されます。また正しく乗車することも義務付けられています。例えば、座席以外の場所に座ることはできません。子どもの乗り方については変則的で、3人が2人としてカウントされることもあります。荷物の積み方も細かく定められているので、そちらのルールも遵守しなければなりません。大きな荷物で方向指示器やナンバープレートを隠してしまうのは禁止されています。ブレーキ灯や尾灯を見え辛くするのも許されません。また運転手には同乗者が転落しないように、荷物が飛散しないように、安全管理する義務があります。従って、ドアの確実に閉めること、荷物を固定することは念入りに行われなければなりません。

こうした決まりを実現できない時は、警察に届け出る必要があります。警察署長の許可が下りれば、変則的な積み方が許されます。例えば運転中に、同乗者が不安定な荷物を荷台で見張る必要がある時、その同乗者が荷台に乗り込むことがあります。荷物については、転落した時の対処方法も頭に入れておく必要があります。運転手としては、落ちた荷物を放置してはなりません。速やかに回収しなければ、後続車に迷惑を掛けたり、事故が発生したりします。特に危険物を運ぶ時は、細心の注意を払います。包装、固定に問題があってはなりませんし、危険物であることを知らせる表示板も必要になります。危険物を運搬している時は、決して車から離れてはいけません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です