免許と生活圏

免許を取ることができない年齢での移動手段は電車やバス、自転車など限られた範囲を移動できるものです。しかし、一度免許を取得すれば行動範囲は無限に広がると言えるでしょう。バスや鉄道が走っていない地域だけでなく、都市でも点から点へすばやく移動できるのです。都会で生活している方は、自動車に乗らなくても不自由を感じることは少ないでしょう。しかし、プライベートでちょっと買い物出かけるだとか、ちょっと友達を迎えにいくとか、といった時に車があったらどれほど便利でしょうか。徒歩や自転車で持ち帰れる荷物の量には限界があるでしょう。とても重たい物や大きな物をまとめて買いに行きたい時に車があったら便利だと思いませんか。荷物だけでなく、時間を期にしなくて良いことも自動車の利点です。例えばファミレスで話が盛り上がった時に終電や終バスを気にして話を切り上げてしまうのはもったいないでしょう。せっかくの機会に時間を気にせず話をすることができるようになります。もっとも、お酒を飲めなくなるという欠点もありますが。

何にせよ、免許を取り自動車を持てばこれまでは行くことが難しかったところや、活動できなかった範囲・時間に、気軽に行くことができるようになるでしょう。自在に移動ができる自動車は、人生の生活圏を大きく広げてくれる替えの聞かないアイテムなのです。

運転の楽しい自動車

免許を取得して自動車を選ぶときにあなたはどのような自動車を選ぶでしょうか。価格を意識した軽自動車でしょうか、スポーティーなスポーツカーでしょうか。自宅にある車を運転するから自分では選べないという人も多いでしょう。

やはり自分で運転するからには運転していて楽しい車に乗りたいものです。運転していて楽しい車とはどのような車でしょうか。私は、車の動きを体で感じられるような、ボディ、シート、ステアリングが一体となって設計されている車だと思います。これだけでなく、ステアリングやペダルの反応も、ダイレクトで素直な車が理想でしょう。

この意味では、サスペンションが柔らかすぎたり、ステアリングに遊びが大きすぎたり、電子制御ペダルが使われている車はこの条件に当てはまらないと思います。これだけでなく車重が軽いことも重要だと思います。自動車はふつう、車重が軽ければ軽いほど、ステアリングやペダル類が操作した通りに車が動きます。自分の思い通りに敏感に動作してくれる自動車はまるで自分の手足のようにヒラリヒラリとした軽快な動きをしてくれることでしょう。このような体験は動かす喜びを感じさせてくれるでしょう。

他にも、自動車の運転の楽しみが自動車を攻略する余地という捉え方をするならば、運転する場面に応じて自在にモードを変更できる自動車も魅力的でしょう。四駆と二駆を使い分けられる多目的スポーツ車(SUV)はその良い例だと思います。他にもマニュアルトランスミションは操作が難しく敬遠される仕組みではありますが、操作が難しいということは攻略し甲斐があるものだとも言えるのです。運転に失敗してしまったときと、うまく成功したときの差を如実に感じることができる自動車は、運転していて楽しい自動車と言えるでしょう。

運転免許と精神面

 

通学の免許にても、合宿の免許にしても、免許を取得する本人が、どのような意識で、このような運転に望んでいるのか、ということが重要だと言えるのではないでしょうか。

しかし、教習所を自動車で実際に回る運転演習では、道路の幅が、やや広い、というケースは、合宿免許センターではあるようで、難易度を下げているような意図がある、ということは認めざるを得ないかもしれません。

そして、環境の面においてもメリットとデメリットが対立しており、通学して免許を取得するタイプの免許センターとも、大きな違いがある点は、注意しておくといいかもしれません。

 

精神的な面で言えば、合宿免許は、常に、免許に関することを考えなければならないぐらい、短期間で撮るので ご飯を食べている時も、寝ている時も、もちろん、運転している時も、観光している時も、免許を取得しなければならないという強迫観念的な思いが、頭を離れることはない……なんて方もいらっしゃいます。

規定通りの期間で、卒業できなければ、追加の料金がかかってしまう、というケースがあるわけですから、常に、頭のどこかに、運転免許に関することが離れないということは、ひとつ大きなストレスとして働いてしまうかもしれません。

実体験として、卒業検定は、近づいてくると、どんどん大きな不安が襲ってきて、夜眠れなくなってしまい、翌日の演習に、支障をきたす、というケースもよく聞きます。

しかし、これが、もしも通学して通うタイプの教習所であれば、免許取得に有効な期間は、1年ほどであり、時間の許す限り、なるべくゆっくりと通うことができるということは、とにかく何よりも大きなメリットである、という風に言えそうです。

 

合宿でも通学でも、自分に合う免許取得法を選びましょう。

 

時間の有効利用

 

数週間の合宿免許の中では、コマが開くこともあり、そのような時には空き時間を利用して、地方都市であれば観光することも可能かもしれません。

地方都市にせっかく足を運んだのだから、様々な場所を観光したいと思うのは、当然かもしれませんし、免許技術の取得に障害が及ばない範囲内で、どんどん観光してリラックスをしてみるのもいいかもしれません。

合宿免許センターによっては、このような観光に対して、サービス券などを配布している場合もありますから、事前に確認してみるといいかもしれません。

 

合宿免許センターは、なるべく多くの人を呼び込むため、「無料の送迎バスを観光地との間で運行しています」「温泉を入りに行くのが毎日無料です」などと、広告を出して、無料券を配布していたりするわけですが、これらを有効に活用すれば、通常の旅行と同じような気分を、 味わえたり、同じようなサービスを受けたりすることもできるかもしれませんが、あくまでも、あなたが合宿免許センターに来た目的というのは、免許を取得するという、この一点にあるわけですから、勘違いしないでおくことが必要です。

 

ただ、5時頃に全てのカリキュラムが終わったとしても、宿舎に帰った後にぐったりと疲れてしまって動く気が起きなかったという人や、部屋に帰ったら疲れて寝てしまったためほとんどレクリエーションなどをすることはできなかったという人も珍しくないようですから、人によっては余裕がないのは仕方のないことなのかもしれませんね。